実は入院したんです。


退院できて 元気になったので

ご報告しますが、4月椎間板ヘルニアで手術、入院していたんです。

アメリカは出産でも一日入院 大抵は日帰り手術で当日家に返される事が多いのですが。 ホノルルのクワキニ病院に入院 クイーン病院で手術 セントフランシス病院でのリハビリで合計六週間。


起き上がる事も 寝返りもうてず 寝たきりの生活。 ご飯は寝たままお皿を胸の上に置いて スプーンで口に〜

結構上手に食べてれるようにもなって


結構 病院食美味しくて 助かりました。

完食



手術直前 麻酔待ち




手術 翌日 もう立てたんです

この6週間の寝たきりは何だった?

もっと早く手術出来たらよかった。


病院で学んだ事

医療従事者の方々

特に看護婦さんヘルパーさんは 

エンジェルの様に素晴らしい方々

感謝の気持ちで一杯です


アメリカの保険システムの問題

寝たきりでリハビリ出来ないのに

6週間入院させて 治らないから

ようやく手術を保険でカバーする承認が取れ お金も時間も手間もかかるのに


6週間 動けず 痛みに耐えるだけで

神経のダメージがドンドン進んで いまだに 膝下の感覚の痺れや麻痺は治ってないんです。 フィジカルセラピーで毎週トレーニングしても時間治癒部分も多いから

未だ 完治はしませんが 


入院して初めてわかった事いっぱいあります。 支えてくれた息子や友人の優しさに

心から感謝。