ハムサ (ファティマの手) 

モロッコで街角を歩くと 色々な場面で目にする ハムサのモチーフ

ドアの入り口やライトのシェード、銀製食器、アクセサリーと使われる場面も様々です。

これには二つの意味があって 

一つは幸運を招く もう一つは邪悪な目から守る。


ララファティマのマークには ギフトを受け取る方に

 ”ララのお菓子で幸せと喜びが訪れますように”


 


ハムサのモチーフは それぞれデザインは違っても同じいみ

これらのアクセサリーもララファティマのブティックでは販売しております。



サロンでお出しするチャキもモロッコのフェズで 職人さんに一つ一つ手作りされた

オリジナルのもの


ララファティマの登録商標であるロゴも手彫りされております。





サロンの窓際にあるカーテンを留める装飾にも ハムサがつけられています。